フリーエンジニアの単価アップに役立つ「早起きの習慣」

フリーエンジニアのための単価研究所

成功の肝は「高すぎず安からず」!!

早起きは三文の得

単価アップに向けて

早起きは三文の得

Pocket

質の高い仕事をするには生活習慣が大切

自分の好きなタイミングで仕事をコントロールできるフリーエンジニアの仕事は、自由度が高いのが魅力な反面、時間管理に気をつけていないとあっという間に生活リズムを狂わせてしまいます。いくら自由にできる仕事とはいえ、体調管理をしっかりしないと肝心の仕事にも悪影響を及ぼしてしまい、生産性を大きく下げてしまいかねません。そのため、今後単価をアップさせていくためにも、いい仕事ができる環境を作っていくことがとても重要になります。

朝型生活を習慣にする

「早起きは三文の得」とは言いますが、人間の体は朝起きて夜しっかり寝てこそ最高のパフォーマンスができるようになっています。フリーエンジニアには夜型生活が習慣化してしまう人も多く、自由であるがために生活習慣が乱れてしまいがちです。しかし、本当に生産性の高い仕事をしたいと思うのであれば、すぐにでも早寝早起きの生活に切り替えることをおすすめします。夜しっかりと睡眠をとって起きた朝は頭がスッキリし、夜よりもはるかに高い集中力を発揮することができます。

早寝早起きに切り替えるコツ

早起きをした方がいいとわかってはいても、夜型になると朝が辛くて起きられなくなるので、早起きを習慣にするのはかなり大変です。そのため、早寝早起きが習慣になるまでは強い意志を持って努力する必要があるでしょう。しかし、すでに夜型になってしまっていると、早く寝たくてもなかなか眠りにつけないものなので、まずは朝起きる時間を決めて、毎日必ずその時間に起きるようにしてみましょう。目覚まし時計をセットし、朝はどんなに眠くても起き上がって日の光を浴びるようにすると、意外とスッキリ目覚めることができるかもしれません。自宅で仕事をすることも多いフリーエンジニアは、仕事をするために出かける必要がないと生活と仕事のメリハリをつけにくいですが、朝起きてから身支度をするまでの流れをルーティーン化して、仕事モードに自分を切り替えてみましょう。
その生活に慣れるまでには日数がかかりますが、まずは1週間続けることを目標にし、達成したらまた1週間と自分なりに目標を定めることも大切です。少なくとも朝必ず起きる生活をしていると夜には自然と眠くなってくるものなので、早寝よりも早起きを重点的に意識すると成功しやすいかもしれません。

生活習慣が変わると仕事も変わる

規則正しい生活をしていると1日の時間管理がしやすくなるので、集中できる時間にしっかり仕事をして、休むべき時には休むという生活を送りやすくなります。そうすることによって時間の使い方に対する意識も変化し、より質の高い仕事へとつながっていくようになるので、早起きをして損になることはありません。

こちらも読んでみてください!

  • 職種別相場の調査結果
    職種別相場の調査結果

    IT系フリーエンジニアとしての仕事をさらに細かく分類すると、Web・オープン系、汎用・制御系、インフラ・運用・基盤系などの専門職や、開発ティレクターなどの総合的な職種などがありますが、単価事情はそれぞれの職種によって異なっている場合が多く、契約する企業の仕事内容によって同じ職種でも単価には幅があります。全体的には上流工程の方が下流工程より単価が高く、総合的な能力が求められる開発ディレクターが最も高単価となっています。

  • 早起きは三文の得
    早起きは三文の得

    昔から「早起きは三文の得」ということわざが使われていますが、夜型になりがちなフリーエンジニアはこのことをいつも意識しておくと、文字通り「得」をする可能性を広げることになります。夜の方が仕事をしやすいと感じる人もいますが、人間の体の構造上、最もいい形で頭を使うためには規則正しい生活をするのが一番です。そのため、仕事と自分の体のためにも、早寝早起きを習慣にできるような目標を定めてすぐに行動に移しましょう。

  • 小規模企業共済で退職金を
    小規模企業共済で退職金を

    やり方次第で会社員よりも多くの金額を稼げるフリーエンジニアの仕事には、会社員にはない様々な自由と可能性がありますが、退職金がないということにデメリットを感じる人が少なくありません。しかし、小規模企業共済というフリーエンジニア向けの積み立て制度を利用すれば、会社員と同様に退職時に退職金を受け取ることができます。しかも、掛け金は自分で自由に選択することができるので、事業のペースに合わせて無理なく積み立てを続けられます。

Page Top

フリーエンジニアのための単価研究所
Copyright © 2016 フリーエンジニアのための単価研究所 All Rights Reserved.