要チェック!フリーエンジニアの単価事情

フリーエンジニアのための単価研究所

成功の肝は「高すぎず安からず」!!

フリーエンジニアの単価事情

フリーエンジニアの単価事情は、それぞれの職種によって違いがあり、同じ職種内でも仕事内容によって単価に幅があります。フリーとしてやっていくには、クライアントと単価の交渉をしなければならないので、一般的な相場を知っておく必要があります。フリーエンジニアは稼げる仕事が多いのは確かですが、会社員にあるような保障などが一切ないので、同じ仕事をするならできる限り高単価で契約したいところですが、フリーで臨む価格交渉はかなり困難な現状もあります。

こちらも読んでみてください!

  • 職種別相場の調査結果
    職種別相場の調査結果

    IT系フリーエンジニアとしての仕事をさらに細かく分類すると、Web・オープン系、汎用・制御系、インフラ・運用・基盤系などの専門職や、開発ティレクターなどの総合的な職種などがありますが、単価事情はそれぞれの職種によって異なっている場合が多く、契約する企業の仕事内容によって同じ職種でも単価には幅があります。全体的には上流工程の方が下流工程より単価が高く、総合的な能力が求められる開発ディレクターが最も高単価となっています。

  • 早起きは三文の得
    早起きは三文の得

    昔から「早起きは三文の得」ということわざが使われていますが、夜型になりがちなフリーエンジニアはこのことをいつも意識しておくと、文字通り「得」をする可能性を広げることになります。夜の方が仕事をしやすいと感じる人もいますが、人間の体の構造上、最もいい形で頭を使うためには規則正しい生活をするのが一番です。そのため、仕事と自分の体のためにも、早寝早起きを習慣にできるような目標を定めてすぐに行動に移しましょう。

  • 小規模企業共済で退職金を
    小規模企業共済で退職金を

    やり方次第で会社員よりも多くの金額を稼げるフリーエンジニアの仕事には、会社員にはない様々な自由と可能性がありますが、退職金がないということにデメリットを感じる人が少なくありません。しかし、小規模企業共済というフリーエンジニア向けの積み立て制度を利用すれば、会社員と同様に退職時に退職金を受け取ることができます。しかも、掛け金は自分で自由に選択することができるので、事業のペースに合わせて無理なく積み立てを続けられます。

Page Top

フリーエンジニアのための単価研究所
Copyright © 2016 フリーエンジニアのための単価研究所 All Rights Reserved.